αリポ酸には2種類ある!?

おすすめのサプリシリーズの今回はαリポ酸に注目します

 

αリポ酸はもともと糖尿病治療薬でした、そこから抗糖化作用に注目され、美容にも効果があるサプリとして市場に出回っています。

そんなα-リポ酸ですが、R型とS型の2種類あるのをご存知でしょうか。

R型は天然型、S型は非天然型で、この内様々な効果効能があるのがR型です。

抗糖化、抗老化においてはS型を摂取してもほとんど意味がなく、R型を摂取すべきです。

最近ではR型のサプリが売っているので、購入する際にはそこをチェックしましょう

 

α-リポ酸と、コエンザイムQ10の同時摂取で肌弾力性が向上する

コエンザイムの時に紹介したこちらの本によると、αリポ酸γCD包接体500mg(αリポ酸100mg)とコエンザイムQ10γCD包接体100mg(コエンザイムQ10 20mg)とビタミンBの同時摂取で、摂取後8週間で被験者(平均47歳)の肌弾力性が20代の肌弾力性より高い数値を示したらしいです。かなり興味深い結果です。

なお、αリポ酸は食前の摂取が有効らしく、食中食後に摂取すると吸収率が極端に下がります

コエンザイムQ10は食後のほうが吸収率が高いそうです。

 

αリポ酸は美肌以外にも、コエンザイムQ10と併用することで運動能力の向上や、Lカルニチンとの併用で高齢者の認知症予防にも効果があるらしいので、ぜひ摂取したいサプリの一つだと思います。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です